2017.8.8
当社は業務拡張の為、以下の住所に移転いたしました。
8月9日より営業開始いたします。

〒880-0805 宮崎県宮崎市橘通東5丁目4-8 岩切第2ビル 3階
TEL 0985-28-2721 FAX 0985-28-2743

*)電話、FAX、メールアドレスは以前と同じです。

2017.7.21
2017年8月14日〜2017年8月18日は夏季休暇の為、休業とさせていただきます。

2017.4.1
Linuxで動作するパーソナルレイアウト編集システム「SXPLAS 8.0」をリリースしました。
SXAP/PDFのデータを出力可能です。
Solaris版パーソナルレイアウト編集システムSXPLASと同等の高度なバリアブル自動組版機能を実現しました。

2016.12.15
2016年12月30日〜2016年1月4日は年末年始の為、休業とさせていただきます。

2016.7.19
2016年8月8日〜2013年8月12日は夏季休暇の為、休業とさせていただきます。

2016.4.1
Windowsで動作する「PLAS 6」をリリースしました。
IJPDS/SXAP/PDF/PCLのデータを出力可能です。
UNIX版パーソナルレイアウト編集システムSXPLASとほぼ同等の高度な組版機能を実現いたしました。

2016.4.1
Windowsで動作する「PDFPLAS」をリリースしました。 PDFのデータを出力可能です。 パーソナルレイアウト編集システムPLASシリーズの機能を継承した高度な組版機能を実現いたしました。

2015.12.15
2015年12月30日〜2016年1月4日は年末年始の為、休業とさせていただきます。

2015.7.21
2015年8月10日〜2015年8月14日は夏季休暇の為、休業とさせていただきます。

2014.12.22
2014年12月28日〜2015年1月4日は年末年始の為、休業とさせていただきます。

2014.8.5
2014年8月11日〜2013年8月15日は夏季休暇の為、休業とさせていただきます。

2013.12.25
Windowsで動作する「IJPLAS 2.2」をリリースしました。
Kodak Prosper S10/S5に対応し、IJPDS印刷データを出力可能です。
同様にPDFデータの出力も可能です。
UNIX版パーソナルレイアウト編集システムSXPLASとほぼ同等の高度な組版機能を実現いたしました。

2013.12.20
2013年12月28日〜2014年1月5日は年末年始の為、休業とさせていただきます。

2013.8.6
2013年8月12日〜2013年8月16日は夏季休暇の為、休業とさせていただきます。

2013.6.1
Windowsで動作する「IJPLAS 2.0」をリリースしました。
Kodak Prosper S10/S5に対応し、IJPDS印刷データを出力可能です。
同様にPDFデータの出力も可能です。
UNIX版パーソナルレイアウト編集システムSXPLASとほぼ同等の高度な 組版機能を実現いたしました。

2012.12.29
2012年12月30日〜2013年1月6日は年末年始の為、休業とさせていただきます。

2012.7.28
2012年8月13日〜2011年8月17日は夏季休暇の為、休業とさせていただきます。

2012.3.26
Windowsで動作する「IJPLAS 1.0」をリリースしました。
Kodak Prosper S10/S5に対応し、IJPDS印刷データを出力可能です。
同様にPDFデータの出力も可能です。
UNIX版パーソナルレイアウト編集システムSXPLASとほぼ同等の高度な 組版機能を実現いたしました。

2012.3.26
Windowsで動作する「SXPLAS 7.1」をリリースしました。
SXAP印刷データを出力可能です。
オプションとしてPDFデータ、SPDSデータの出力も可能です。
UNIX版パーソナルレイアウト編集システムSXPLASとほぼ同等の高度な 組版機能を実現いたしました。

2012.1.1
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
平成24年元旦

2011.12.20
2011年12月30日〜2012年1月4日は年末年始の為、休業とさせていただきます。

2011.7.28
2011年8月8日〜2011年8月12日は夏季休暇の為、休業とさせていただきます。

2011.6.1
UNIX版「PDFコンバータ Ver. 4.0」をリリースしました。
バーコードフォントを組込み、ロジックを高速化し、約2倍の性能向上を達成しました。

2011.3.18
平成23年3月11日(金)に発生致しました、東日本大震災により被害に遭われました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被災地の皆様の安全と、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
株式会社ユニテクス・ジャパン

2011. 1.31
2/2(水)〜2/4(金)に開催される PAGE2011「情報デザイン新時代」( サンシャインシティ コンベンションセンター TOKYO)に昭和情報機器(株)様のVS7120プリンタ用の弊社新製 品「PCPLAS-lite【VS7120限定モデル】」を出展します。
Windowsで動作するパーソナルレター編集システムです。

2011.1.28
Windowsで動作する「PCPLAS-lite」の紹介ページを追加しました。
下の「PCPLAS-lite」をクリックしてください。

2010.12.29:
2010年12月30日〜2011年1月4日は年末年始の為、休業とさせていただきます。

2010.12.16
SYNCPLAS Version 4.0 をリリースしました。
次の機能が追加されました。
・入力データとしてCSVデータが扱えるようになりました。
・コマンドラインでにログ出力先のオプションが指定できるようになりました。
・コマンドラインで正常系ログ出力のオプションが指定できるようになりました。

SYNCPLASは、外部システムで作成した入力データから、PLASの印刷資源を使用して
印刷データを作成するシステムになります。
この時の入力データには、制御レコードを付加することによりフォームやパラメータ等の
印刷資源を各レコード毎に別々に指定することができ、非常に 柔軟な入力データ構造を
サポートします。
また、フォームやオーバレイの指定は、レコード毎に切り替えることが出来るマルチフォーム、マルチオーバレイ機能を実現しています。 
SYNCPLASをカスタマイズする事により、次のような事にも対応可能です。(別途見積)
・負荷分散処理 
・出力(プリンタ)分散処理 
・データの暗号化 
・より柔軟な入力データ形式 
・より柔軟な運用方式 
・より高速なデータ処理


2010.12.6:
PCPLAS-lite 1.0 をリリースしました。
Windows 7 Ultimate,Windows Vista Ultimate,Windows Server 2008 R2等のパソコンOS上で動作します。
PCPLAS-lite 1.0は、UNIX版SXPLAS 6.5相当の機能(一部制約有り)を提供いたします。
主な機能は、次の通りです。
・デザイン機能
 帳票フォームのデザインが簡単にしかも厳密にできます。
 作成したフォームは、UNIX版SXPLASに送信して使用することができます。
・パラメータ定義機能
 データの構造を定義できます。
・バッチ実行機能
 入力データと帳票フォーム、パラメータを指定して、印刷データ(SXAP,PDF,SPDS)を生成できます。
・ジョブ機能
 入力データと帳票フォーム、パラメータをジョブとして名前を付けて保存できます。
 保存したジョブは、読み出して実行できます。
・プレビュー表示機能
 バッチ実行やジョブ実行で印刷しなくても、フォームやデータが正しいかどうかプレビュー画面で確認できます。
 また、ローカルプリンタに印刷して確認することも可能です。
・多彩な印刷データをサポート
 SXAP,PDF(オプション),SPDS(オプション)及びローカルプリンタに印刷できます。
・豊富なバーコード
 NW-7,JAN標準・短縮,CODE39,Industrial,物流標準,物流拡張、カスタマイズコード,QRコード,EAN128等をサポート。

2010.12.2:
SXPLAS 7.0 の正式版をリリースしました。
Version 7.0 では、次の機能が追加されました。
・入力データとしてユニコード(Unicode)をサポートしました。
・パラメータ定義の固定長レコードで範囲チェックを追加しました。
・出力プログラム(SXAP/SPDS/PDF)のバーコードデータの取り扱いを変更しました。
・簡易マルチフォーム時のSXAP出力でオーバレイ指定を変更しました。
・SPDSデータの転送が実行できるようになりました。
・グラフ定義の入力データで、小数点付きの文字列(例、123.45)を実数値として扱えるようになりました。
・グラフ定義でカラーが指定できるようになりました。

2010.8.4:
2010年8月9日〜2010年8月13日は夏季休暇の為、休業とさせていただきます。

2010.5.1:
SXPLAS 7.0 の評価版をリリースしました。
Version 7.0 では、次の機能が追加されました。
・入力データとしてユニコード(Unicode)をサポートしました。
・パラメータ定義の固定長レコードで範囲チェックを追加しました。
・出力プログラム(SXAP/SPDS/PDF)のバーコードデータの取り扱いを変更しました。
・簡易マルチフォーム時のSXAP出力でオーバレイ指定を変更しました。
・SPDSデータの転送が実行できるようになりました。
・グラフ定義の入力データで、小数点付きの文字列(例、123.45)を実数値として扱えるようになりました。
・グラフ定義でカラーが指定できるようになりました。

2010.03.30:
Windows Vistaで動作する PC版PLASデザイナーを正式リリースいたしました。
以下のような機能を提供いたします。
・PLASのフォーム/パラメータの作成・修正が可能
・フォームのテスト機能を提供
・フォーム/パラメータ/データをUNIX側のサーバーに格納できます。

2009.12.21:
2009年12月30日〜2010年1月4日は年末年始の為、休業とさせていただきます。

2009.7.31:
2009年8月10日〜2009年8月14日は夏季休暇の為、休業とさせていただきます。

2009.06.22:
パーソナルレター編集システムSXPLAS 6.5をリリースしました。
以下のような機能を追加しました。
・独自の入力コードを追加できるように変更
・パラメータ定義のデータタイプに「ゾーン十進」、「パック十進」を追加
・バッチ実行、ジョブ編集に「コード範囲チェック」の指定を追加
・バーコードをテキストフレームに設定できるように変更
・印刷環境設定に拡張機能を追加
・印刷データ転送時にコントローラの空き容量をチェックするように対応
・フォーム編集のオプションメニューに「イメージ設定」を追加
 「可変イメージ」/「可変オーバレイ」の設定が可能になりました。
・SPDS出力(オプション)が使用可能になりました。
 SPDS出力を使用して、TRIPS/TPJ520プリンタでカラー印刷が可能になります。
・入力データからバッチ処理を実行できる標準SYNCPLAS (オプション) の使用
が可能になりました。


2009.3.31:
2010年度新卒採用をスタートいたしました。

2008.12.24:
2008年12月27日〜2009年1月4日は年末年始の為、休業とさせていただきます。

2008.08.06:
8月11日〜8月15日は夏季休暇の為、休業とさせていただきます。

2008.06.30:
複数のSXPLAS帳票定義フォームを合成し、1つの帳票定義フォームにするツール[フォーム合成 FWKMERGE」をリリースしました。 複数の編集者によって個別に編集された帳票定義フォームを簡単に統合することが出来ます。

2008.06.02:
SXPLASの帳票定義フォームの新旧を比較し、結果を簡単且つビジュアルに画面表示又はPDF出力できるツール[フォーム比較 FWKDIFF」をリリースしました。 フレームの追加/削除/変更、属性変更、テキストの変更等を検出し、帳票定義の作業等が適切に行なわれているかチェック可能です。作業効率が大幅に向上します。

2008.02.01:
パーソナルレター編集システムSXPLAS 6.2をリリースしました。 可変イメージ定義機能や住基コード(ユニコード)に対応いたしました。 可変イメージ定義機能は、 イメージデータを簡単にダイナミックに差し替え、 印刷する機能を提供します。

2007.06.01:
パーソナルレター編集システムSXPLAS 6.0をリリースしました。 入力データのチェックの厳密化やEAN128の設定を強化しました。

2006.06.20:
ユニテクス・プリントフィルターUPF及びパーソナル帳票システムPLASシリーズ他 を6/28(水)〜30(日)の「ソフトウエア開発環境展」(東京ビックサイト)に出展 いたします。

2006.05.19:
ジョブ自動実行システムJOBAUTOの製品情報を追加しました。

2006.05.02:
ユニテクス・プリントフィルターUPF(Ver3.0)及び ユニテクス・プリントサーバーUPF-Server(Ver2.0)の ダウンロードサービスを開始しました。

2006.05.01:
ユニテクス・プリントフィルターUPFのVer3.0をリリースしました。 Solaris10正式対応、LinuxのCUPS環境に対応しました。 詳しくは製品情報をご覧下さい。

2006.05.01:
ユニテクス・プリントサーバーUPF-ServerのVer2.0をリリースしました。 クライアントにIBM AIX4.3.xが追加されました。 詳しくは製品情報をご覧下さい。

2006.04.17:
画像処理ソフトIMAGICのパソコン版をH建機に数十セット納入しました。 詳しくはホットニュースをご覧下さい。

2006.04.10:
6/28〜6/30に東京ビッグサイトで開催される「ソフトウェア開発環境展」に 弊社製品のPLAS,UPF,IMAGICを出展いたします。

2006.04.01:
画像処理ソフトIMAGICのパソコン版を発売開始。EWS版とパソコン版が揃いました。

2006.03.31:
UPFプリントドライバを1000セット納入しました。詳しくはホットニュースをご覧下さい。

2006.03.30:
UPFプリントドライバでPOSTSCRIPTデータを普通のプリンタに出力! N社に数十セット納入しました。詳しくはホットニュースをご覧下さい。

2006.02.07:
HP PCLプリンタ版UPFを5月1日よりリリースいたします。

2005.12.29:
12月30日〜1月4日まで年末年始の休業とさせていただきます。

2005.12.15:
UPF−LIPS4CがキヤノンBIJ2350で動作することを確認しました。

2005.10.31:
ダウンロードサービスのパスワードを更新しました。

2005.05.20:
ダウンロードサービスの全パッケージを最新版へ更新しました。

2005.03.29:
ダウンロードサービスのパスワード及びマニュアルを更新しました。

2005.03.08:
PDFコンバータの機能を強化いたしました。

2005.03.08:
ホットニュースを更新しました。

2004.12.21:
12月30日〜1月4日まで年末年始の休業とさせていただきます。

2004.12.01:
ダウンロードサービスのUPF/UPF-Serverサンプル版パスワードを更新しました。

2004.09.01:
バリアブル帳票システムSPXPLASを発売開始。PDF出力可能。 ホットニュースをご覧ください。

2004.06.28:
ダウンロードサービスのパスワードを更新しました。

2004.06.28:
UPF技術情報にローカル接続のプリンタに印刷できない場合の対応を追加しました。

2004.05.28:
PLAS(帳票)をリニューアルしました。

2003.12.15:
ダウンロードサービスのパスワードを更新しました。

2003.11.14:
PLAS(帳票)にVSPLASを追加しました。

2003.07.25:
ホットニュースにVSPLASとPDFコンバータを更新しました。

2003.07.25:
PLASの概要を更新しました。

2003.05.22:
ダウンロードサービスのパスワードを更新しました。

2003.01.21:
パスワード申請用紙のホストIDについてのQAを追加しました。

2002.12.26:
ダウンロードサービスのHP-UX版UPFパッケージを更新しました。

2002.11.27:
UPF技術情報にEPSON社製/Canon社製レーザープリンタの文字化けを追加しました。

2002.11.22:
ダウンロードサービスのUPF/UPF-Serverサンプル版パスワードを更新しました。

2002.10.09:
「TurboLinux 8 Workstation で UPF-Server の応答が遅い」を追加しました。

2002.10.02:
「TurboLinux 8 Workstation で UPF-Server を利用する方法」を追加しました。

2002.08.28:
ダウンロードサービスにLPPLAS/EPPLAS/PLASデザイナーのカタログを追加しました。

2002.08.28:
ダウンロードサービスにIMAGIC/PrintSaverのカタログを追加しました。

2002.08.27:
UPF及びUPF-Serverのページより直接ダウンロードページへ 移動できるようになりました。

2002.08.07:
ホームページを全面リニューアルしました。

2002.08.07:
ホームページアドレスが www.unitex-japan.com へ変更になりました。

2002.07.31:
UPFインストールマニュアルを更新しました。

2002.07.11:
PLASにソフト/ハード一体型のドキュメント・プロセッサーUJDPが追加されました。

2002.07.10:
PLASに富士通VSPシリーズ対応のVSPLASが追加されました。

2002.07.05:
ダウンロードサービスに全てのOSのUPFと、新たにUPF-Serverが追加されました。

2002.07.05:
パーソナルレター編集システムPLASの詳細を追加しました。

2002.05.01:
富士通NLPプリンタ用、バリアブル帳票システムLPPLASを発売開始いたしました。

2002.03.01:
UPFに購入上のご注意を追加しました。