IMAGICは、 コマンドタイプのイメージ処理ソフトウェアです。
各種イメージデータのフォーマット変換や解像度変換など いろいろな機能を持っています。
主な特徴
代表的な機能
画像形式
対応OS
価 格


主な特徴
  • 豊富なイメージ形式をサポートし、解像度変換などユニークな機能を持っています。
  • コマンドタイプですので、アプリケーションプログラムに簡単に組み込めます。
  • コマンドタイプですので、いちいちマウスで操作する必要がありません。
  • バッチ処理に使えます。
  • インターネットのデータ作成に最適です。シェルで組めば一度に大量の処理が可能。
  • カラーの画面ハードコピーや画像データのJPEGによる圧縮が可能。
  • 4MBのイメージデータを1秒以内で圧縮。解凍はそれ以上。
  • インターネット用イメージ作成の為に、任意の大きさのデータから指定のドット数 (縦または横のドット数指定)のデータへ変換できます。
  • インターネット用イメージ作成の為に、任意の解像度のデータから画面の解像度 (72 dpi,144 dpi等)へ変換できます。
  • インターネット用イメージ作成の為に、任意の大きさのデータから画面用の指定の ドット数(横100ドット等)へ変換できます。
  • 画像形式を自由に相互変換できます。 (例:TIFF←→JPEG,BMP←→JPEG,BMP←→TIFF(G4FAX))
  • マックやWindows 95 からTIFF やBMP で取り込み、EWS 用のデータ(XWD,SUN ラスター)に 変換できます。
    あるいは、その逆も可能です。
  • マルチページTIFFからにページを指定して抽出し、解像度変換などを行うことができます。
  • EWS上でもパソコンのUNIX上でも動作します。
  • 新しくWindowsXPにも対応しました。


代表的な機能
  • 豊富なイメージ形式のデータを相互の形式に変換するコマンドです。
  • IMG, TIFF, JPEG, XWD, SUN, IRIS, PBM, BMP, PCX ,GIF等の カラーイメージの相互変換。
  • JPEG の場合は、クオリティー(品質:値が大きいほど高品質(圧縮率小))の値を 指定し圧縮できます。
  • 色補正の為のガンマ補正(gamma factor)も指定できます。
  • フルカラーから256色カラー、グレイ、モノクロへの変換が可能です。
  • コマンド実行形式ですので、コマンドラインからのキー入力やプログラムの中から 実行できます。
  • imagic は、入力ファイルのデータを自動認識し処理します。
  • 解像度変換が自由にできます。(例:400 dpi → 72 dpi)
  • イメージサイズの変換が自由にできます。
      例:縦100ドット→縦64ドット


画像形式
下記のイメージフォーマットに対応しています。

   ・XWD形式(X-Windowsダンプ)
   ・TIFF形式(圧縮形式:CCITT G3/G4,PACKBIT,LZW,JPEG,ZIP)
   ・JPEG形式
   ・IMG形式(UNIteX-Image)
   ・Sunラスタ形式
   ・GIF形式
   ・IRIS形式
   ・PCX形式
   ・PBM形式
   ・BMP形式


対応OS
・SUN/Oracle Solaris 8/9/10 for Sparc
・SUN/Oracle Solaris 8/9/10 for i86pc
・HP-UX 9.X/10.X/11.X〜[Itanium(ia64)につきましては要Ariesバイナリトランスレータ]
・AIX 4.3.X〜
・RedHat Linux 6.1J〜 for i86pc
・Redhat Linux Enterprise Linux WS 3
・TurboLinux7J〜 for i86pc
・Microsoft Windows XP/Vista/7


価格
型番 PC-UNIX*1/Linux/Windows版 UNIXサーバー版
IMAGIC-R
(ローカルライセンス版IMAGIC)
100,000円 500,000円
IMAGIC-S
(ライセンスサーバー対応版IMAGIC)
お問い合わせください お問い合わせください
   大量導入の場合は、数量割引があります。
   *1 PC-UNIXは、Solaris for i86pc


http://www.unitex-japan.com/
Copyright © 2006 UNIteX Japan Co.,Ltd All Right Reserved.
omo