ホットニュース
「画像処理ソフトIMAGIC」のパソコン版をに数十セット納入しました。
大手建機メーカに「画像処理ソフトIMAGIC」のパソコン版を数十セット 納入しました。
IMAGICはPCのWindows上で動作し、お客様の設計や各種業務の現場で 使用されています。今後、全面的な導入が検討されています。
IMAGICはPC版、EWS版ともに全く同じ機能で動作しますので、 PCとEWSが混在した環境でも全く区別なくシステム構築が可能です。(2005.4.17)

「UPFプリントドライバ」を1000セット納入しました。
大手自動車メーカに「UPFプリントドライバ」を1000セット 納入しました。
UPFはEWSのUNIX上で動作し、お客様の設計や各種業務の現場で 使用されています。(2005.3.31)

UPFプリントドライバでPOSTSCRIPTデータを普通のプリンタに出力!
大手電機メーカに「UPFプリントドライバ」を数十セット 納入しました。
お客様のデータはPOSTSCRIPTデータで、普通のページプリンタに 出力したいという要望でした。
その要望に応えるため、GhostScriptを使用してイメージ化し、 UPFを動作させ非ポストスクリプトプリンタに出力する方式で 解決しました。(2005.4.1)

PLASシリーズ用「PDFコンバータ」を機能強化いたしました。
PLASシリーズ用PDFコンバータは、PLASで生成するバリアブル帳票を 高速でPDFデータに変換いたします。 モノクロ/フルカラーに対応しています。
今回、TrueTypeFontやOpenTypeFontの埋め込みやイメージデータの圧縮、 テキストの圧縮機能を追加しました。
この結果、10,000件のデータを3分以内でオーバレイ付き 見積書(1000ページ)のPDFデータへの変換が可能になりました。 しかも1枚当たりのデータ量はきわめて少なくなります。
また、1件毎に別々のPDFデータにすることもできますので用途に 応じた使用方法が可能です。
PDFコンバータは、SXPLAS,LPPLAS,VSPLASでご使用いただけます。(別売)
価格は、130万円です。(2005.3.8)

バリアブル帳票システム「SPXPLAS」を発売開始。PDF出力可能です。
2004年9月1日よりバリアブル帳票システムSPXPLASを発売いたしました。
SPXPLASはパソコンで動作し昭和情報機器SP-6100に対応し、 600dpiで高品質の帳票を自動編集、印刷いたします。
SPXPLASは、可変データ(個別情報ファイル)ごとに毎ページ異なる 内容の文書を自動的に編集・印刷するシステムです。
テキスト、イメージ、罫線、EAN128(コンビニ収納)をはじめとする 各種バーコード、図形、ビジネスグラフを組み合わせた文書を ダイナミックに可変で自動編集し印刷データを高速に生成できます。
もちろんオーバレイの作成・利用も可能です。
SPXPLASは、帳票作成、テスト、印刷データの生成を一貫して行え、 印刷過程の効率を大幅に向上させます。
SPXPLASはPDFの印刷データを出力いたしますので、 PDF対応のプリンタ以外にも、Acrobat経由でESC/Pプリンタ (ドットプリンタ,ページプリンタ),ESC/Pageプリンタ, LISP-IVプリンタ,PCLプリンタさらに各社のプリンタに高速で 印刷が可能です。
SPXPLASは、Acrobatをバックグラウンドで実行しますので、 わずらわしいマウス操作は必要ありません。
価格は、140万円〜です。(2004.9.1)

富士通VSPプリンタ用バリアブル帳票システム「VSPLAS」を開発し、
発売を開始いたしました。
富士通VSPプリンタ用の高速なバリアブル帳票システムVSPLASを 発売いたしました。
VSPLASは、超最速連続紙ページプリンタVSP4970をはじめとし、 VSP4750等のカット紙ページプリンタ等でご使用いただけます。
VSPLASは、バリアブル印刷、オンデマンド印刷、 ワンtoワン・マーケティング、パーソナリゼーションに 最適のソフトウェアです。
VSPLASは、可変データ(個別情報ファイル)ごとに毎ページ異なる 内容の文書を自動的に編集・印刷するシステムです。
テキスト、イメージ、罫線、各種バーコード、図形、ビジネスグラフを 組み合わせた文書をダイナミックに可変で自動編集し印刷データを 高速に生成できます。
もちろんオーバレイの作成・利用も可能です。
VSPLASは、帳票作成も簡単でDTPなみの機能を持っています。
VSPLASは、帳票作成、テスト、印刷データの生成を一貫して行え、 印刷過程の効率を大幅に向上させます。
別売のPLASデザイナーを使用すると、帳票作成、テストをパソコンで 行う事ができます。
また別売のPDFコンバータを使用すると、VSPLASで作成した バリアブル帳票を高速でPDFデータに変換する事ができます。
価格は、270万円です。(2003.7.25)

PLASシリーズ用ビジネスグラフソフト「PLAS/GRAPH」を開発し、
発売を開始いたしました。
PLASシリーズ用ビジネスグラフソフトPLAS/GRAPHは、 PLASシリーズに対し豊富で高度なビジネスグラフ機能を提供いたします。
PLAS/GRAPHは、PLASシリーズにアドインで簡単に追加できます。
PLAS/GRAPHは、次のような豊富で高度なビジネスグラフを提供します。
  ・円グラフ(2D/3D)
  ・棒グラフ(縦/横)[積上げ/構成比]
  ・折れ線グラフ(縦/横)
  ・多角形グラフ[積上げ/構成比]
  ・散布図
  ・範囲グラフ(縦/横)
  ・ポートフォリオチャート
  ・ヒストグラム(縦/横)
  ・ステレオグラム(縦/横)
PLAS/GRAPHは、SXPLAS,LPPLAS,VSPLASでご使用いただけます。(別売)
価格は、130万円です。(2003.2.3)

富士通NLPプリンタ用バリアブル帳票システム「LPPLAS」を開発し、
発売を開始いたしました。
富士通NLPプリンタ用の高速なバリアブル帳票システムLPPLASを 発売いたしました。
LPPLASは、世界最速ページプリンタ装置PS2400Aをはじめとする 富士通NLPプリンタでご使用いただけます。
LPPLASは、バリアブル印刷、オンデマンド印刷、 ワンtoワン・マーケティング、パーソナリゼーションに最適の ソフトウェアです。
LPPLASは、可変データ(個別情報ファイル)ごとに毎ページ異なる 内容の文書を自動的に編集・印刷するシステムです。
テキスト、イメージ、罫線、各種バーコード、図形、ビジネスグラフを 組み合わせた文書をダイナミックに可変で自動編集し印刷データを 高速に生成できます。
もちろんオーバレイの作成・利用・転送も可能です。
LPPLASは、帳票作成も簡単でDTPなみの機能を持っています。
LPPLASは、帳票作成、テスト、印刷データの生成を一貫して行え、 印刷過程の効率を大幅に向上させます。
別売のPLASデザイナーを使用すると、帳票作成、テストをパソコンで 行う事ができます。

エプソン・プリンタ用フルカラー・バリアブル編集システム「EPPLAS」 を開発し、
発売を開始いたしました。
いよいよエプソン・プリンタ用の高速なバリアブル印刷システム EPPLASを発売いたしました。
ワークステーションでもパソコン(Solaris または Linux )でも 動作します。
EPPLASは、LP-9600/9300等のモノクロページプリンタや LP-8500C/8200C/8000C/3000Cカラーページプリンタ等で ご使用いただけます。
EPPLASは、フルカラーおよびモノクロに対応し、バリアブル印刷、 オンデマンド印刷、ワンtoワン・マーケティング、 パーソナリゼーションに最適のソフトウェアです。
もちろん固定文書も簡単出力。
EPPLASは、可変データ(個別情報ファイル)ごとに毎ページ異なる 内容の文書を自動的に編集・印刷するシステムです。
EPPLASは、LP-9600やLP-8500Cの性能を十分に引き出し高速な印刷を 実現しました。
EPPLASは、プリンタの複数台制御を標準でサポートしていますので、 大量・高速印刷や仕分け印刷が簡単に実現できます。
EPPLASの「マルチジョブ(ジョブ分割)機能」と 「ユニテクス・プリントスプーラ機能」は、自動編集した 印刷データをプリンタ毎に自動的に振り分け、プリンタを同時に 並行的に動作させるため、システムの印刷速度は、プリンタの台数に 比例して向上させることが可能です。
その結果、ビジネス用高速プリンタに迫る印刷速度を達成しました。
両面印刷もサポートしていますので、ダイレクトメール、企画書、 ラベル印刷、請求書、明細書、マニュアル、個別教材、 カラー文書等の印刷に最適です。

Windows 98/95 用イメージ生成用プリント・ドライバ PrintSaverを 使用して、Windowsのあらゆる文書をイメージ化し格納しておき、 EPPLASで印刷すれば、「オンデマンド印刷」が容易に実現できます。

「IMAGIC」のインターネット機能を強化しました。
コマンドタイプのイメージ処理ソフトが好評を得ています。
従来も、インターネットやシステムでソフトウェア内部から コールされたり多量のイメージデータを一挙にインターネット用 イメージ(JPEG等)に変換するツールとして使用されてきました。
今回、従来あった解像度変換機能に加え、指定ドット数にイメージを 変換する機能を追加しました。
これで、インターネット等でのサムネイル表示(一覧表示)での使用が 非常に楽になりました。
インターネット、イメージ処理関係分野の方、お問い合わせください。

Linux版DTPソフト「SuperLayout」と グラフィックソフト「スーパー彩画」を開発し、 発売を開始いたしました。
UNIXで定評のある1670万色のフルカラー対応の DTPソフト「SuperLayout」と「スーパー彩画」が 今話題のLinuxに移植されました。
Linuxで本格的なDTPとイメージ編集が安価に使用できます。

Linux版「ユニテクス・プリントフィルターUPF」を開発し、
発売を開始いたしました。
大好評を得ています「ユニテクス・プリントフィルターUPF」を 今話題のLinuxに移植しました。
UNIX版とまったく同様に各メーカのプリンタに対応した プリントフィルター です。
イメージとテキストを各種プリンタに出力できます。
5月1日より発売開始

「ユニテクス・プリントサーバーシステム UPF-Server」 (ソフトウェア)を開発し、
発売を開始いたしました。
同一LAN上に多数のEWSを接続されているお客様、または多数の プリンタを接続されているお客様に最適の印刷環境をお届けいたします。
同一LAN上の各マシンの印刷要求をこのサーバーソフト1セットで サポートしますので、従来多数のマシンの為、「ユニテクス・プリント フィルター UPF」のご導入を見送られたお客様に最適です。
「ユニテクス・プリントフィルター UPF」と同種のプリンタをサポート。 ネットワークプリントサポート。
5月1日より発売開始

「ユニテクス・プリントフィルターUPF」のサンプル版ダウンロード サービスが拡大されました
反響の大きいUPFのサンプル版ダウンロードサービスに新しい モジュールが増えました。またSunSPARC版に加えてHP HP-UX版 のダウンロードサービスも開始しました。
Sun SPARC Solaris2.X版には UPF-ESCP/EPM3/EEPGC/LIPS4Cを御用意、 またHP HP-UX10.X版には UPF-PSC/LIPS4Cを御用意しました。
(1999年3月)

「ユニテクス・プリントフィルター UPF」にエプソン・カラーインクジェット プリンタPM−3000C/770C用プリントフィルター UPF-EPM3 が 追加
リリース開始しました。(1999年3月)
価格は3万円です。(UPF-CORE は必須)

「ユニテクス・プリントフィルター UPF」にエプソン・カラーページプリンタ LP−8000C用プリントフィルター UPF-EEPGC が追加
リリース開始しました。(1998年7月)
価格は6万円です。(UPF-CORE は必須)

「ユニテクス・プリントフィルター UPF-LIPS4C」がキヤノン・カラーページ プリンタLBP−2160/2040に対応
リリース開始しました。(1998年10月)
価格は6万円です。(UPF-CORE は必須)




http://www.unitex-japan.com/
Copyright © 2006 UNIteX Japan Co.,Ltd All Right Reserved.
omo