パーソナルレター編集システムPLASのQ&A
PLASについて

フォーム定義

パラメータ定義

バッチ実行

入力データ

ジョブ

オーバレイ

スクリプト




Q-a1:PLASとは、どんなソフトですか?
PLASは、高度の可変帳票(パーソナル帳票)が、プログラム無しに 開発・自動編集・印刷できるソフトウエアです。 大量印刷データを高速で生成します。
さらに、PLASのスクリプトやAPIを使用すれば、より複雑な データ処理・帳票、ホストとの連携、ミドルウェアとの 連携を実現できます。
ホストのデータやパソコンのデータをそのまま取り込めますので、 ホストシステムからの移行や共存が容易です。

Q−a2:可変帳票はどうやって生成しているのですか?
まず共通マスターフォームを定義します。この中に入力データで 差し替える部分をパラメータ変数として定義(テキスト入力) します。
入力データの1件分のデータ(レコード)の各部分(フィールド)に 名前と属性を定義したものがパラメータ定義ファイルです。
あとは入力データを用意してバッチ実行すれば、各レコードに 対応する部分を自動的に差し替えていきます。

Q−a3:PLASのメリットは?
一言で表現できませんので、主な特徴を列記します。
  ・プログラムレスで可変帳票が作れます。
  ・バッチ処理で高速処理
  ・帳票のデザインからテストまでビジュアルに開発できます。
  ・テキスト、イメージ、罫線、バーコード、図形、グラフ、表組等をサポート
  ・超高速の連続紙ページプリンタから中低速のカット紙ページプリンタ、
   インパクトプリンタまでをカバーします。

Q−a4:PLASでどんなことができますか?
一言で表現できませんので、主な適用分野を列記します。
  ・ダイレクトメール(バーコードやグラフも使用可)
  ・ラベル印刷
  ・送付状
  ・マニュアル
  ・請求書、明細書、納品書

Q−a5:PLASと他の帳票ソフトとの違いは?
PLASが他の帳票ソフトと違うのは、完全なバッチ処理であり、 高速で印刷用コマンドを生成できることにあります。
またデータは、入力データファイルとして用意しますので、 どんなデータベースやソフトでも処理する事が可能です。
また、かなりのソフトはプログラミングや複雑な定義が必要ですが、 同様の事がPLASでは簡単な定義でできます。

Q−a6:PLASは、どんなOSで動作しますか?
Solaris2.6〜(SPARC/Intel)やLinuxで動作します。又 Windows Vista/Windows 7でも動作します。

Q−a7:PLASは、Windowsで動作しないのですか?
Windows版PCPLAS-liteは、Windows Vista/Windows 7で動作します。
Linux版のPLASは、VMwareを使用すればWindowsで動作します。
またPC-X等の端末エミュレータからも動作可能です。
今後、WEBブラウザからPLASを動作させることも可能になります。

Q−a8:帳票にビジネスグラフを組み込みたいのですが?
別売のPLAS/GRAPHをご使用ください。
棒・折れ線・散布図・円・多角形・範囲グラフ、ヒストグラム、 ポートフォリオチャート、ステレオグラムの多数のグラフの種類と 指定属性を持っていますので、表現力のあるグラフを高速で 作成できます。
PLAS/GRAPHは、3Dや合成グラフ、欠落データ処理等、豊富な機能を もっています。

Q−a9:PDFを作成し、WebやCD-ROMで見たいのですが?
別売のPDFコンバータをご使用ください。
伝票やイメージをオーバレイとして定義しておけば、 高速処理(1万件(1万ページ)10分以内)でPDFを生成し、 生成されたデータも非常に小さくなります。
また、1件ごとに別々のファイルに保存しておくことも可能です。

Q−a10:ホストの基幹業務と連携したいのですが?
SYNCPLASを使えば、ホストの業務をほとんど変更することなくホストAPI の出力データをPLASで処理することができます。
プリンタ専用のホストが存在した場合、EWSやパソコンに移行 させることができます。

Q−a11:印刷をパソコンから指示したり、管理したいのですが?
PLASのPLAS/Webをご使用ください。
パソコン側のCSVデータを、PLASのサーバに送信し印刷を 実行できます。
再印刷や印刷キューの削除等も可能です。

Q−a12:どんなプリンタに印刷できるのですか?
富士通VSPプリンタ(連続紙・カット紙)、 富士通NLPプリンタ、昭和情報機器SXシリーズ・SPシリーズ、PDFプリンタ、 ポストスクリプトプリンタ等です。
他のプリンタについては、お問合せください。

Q−a13:PLASを導入してすぐに業務で使用したいのですが?
PLAS導入サービスをご利用ください。
導入と同時にフォームの作成や操作をサポートいたしますので、 導入した週から本番の業務を行なうことが可能です。




Q−b1:フォームとはなんですか?
PLASの共通マスターフォームです。
入力データ(個別情報ファイル)の1レコードごとに、 入力データにしたがった内容の異なる可変帳票を作成できます。
→クイックリファレンス1. 参照。

Q−b2:フォームとはどうやって定義するのですか?
PLASのメイン画面から「フォーム定義」画面を呼び出し、 GUI(Graphical User Interface)でビジュアルに 定義できます。
他のソフトのようにプログラミングしたり、データベースへの アクセスを定義したりする必要はありません。
→クイックリファレンス3−2.版下(フォーム) 書式 / ページ書式の定義参照。

Q−b3:フレームとはなんですか?
フレームとは、フォームの用紙の上に定義された、 データを流し込む為の矩形の枠の領域です。
矩形の枠は、点線で表示されます。
流し込むデータは、テキスト、イメージ、バーコード、 図形、グラフ、表が可能です。
データはあらかじめ入力しておいたり、 実行時に流し込むことができます。
→クイックリファレンス3−4.フレームの作成、 4−1(2).テキストの入力、4−3.テキストの流し込み、 5−1.イメージデータの流し込み 参照。

Q−b4:パラメータ変数とはなんですか?
入力データの1件分のデータ(レコード)の 各部分(フィールド)に名前と属性を定義したものが パラメータ(例:NAME)ですが、これをフォーム定義で 入力するときは、<$NAME>の様に定義します。
これをパラメータ変数といい、バッチ実行時に入力データに 差し替えられます。
→クイックリファレンス4−6.パラメータ名の取り込み、 11−1.パラメータの置き換え 参照。

Q−b5:用紙(ページ)はどうやって定義するのですか?
用紙(ページ)は通常、フォーム定義の一番最初に定義します。
「ページ定義」で用紙の縦横の大きさや余白をインチやmmで 定義します。
A4やB3等の規格の用紙サイズの場合は、名称を選択するだけで OKです。
→クイックリファレンス3−2.版下(フォーム) 書式 / ページ書式の定義 参照。

Q−b6:FCBとは何ですか?
FCBは、Field Control Block のことです。
ラインプリン(LPモード)のように行の概念が必要な時に 使用します。
LPモードと反対の概念がAPモードで任意の位置に文字を 打つことができます。
PLASでは、APモードのものでも、 同時にFCBもサポートします。

Q−b7:オーバレイとは何ですか?
オーバレイとは、印刷物に共通のフォームの事です。
PLASでは、オーバレイを定義し、それを読み込み、 下絵としてフォームを定義することができます。
→クイックリファレンス14−1.オーバレイとは  参照。

Q−b8:バーコードはどうやって定義するのですか?
図形フレームを定義し、フォーム定義の「オプション」メニュー の「バーコード設定」でバーコード種類や属性とバーコードデータ に対応するパラメータ名を指定します。
→クイックリファレンス10.バーコード 参照。

Q−b9:テキストはどうやって入力するのですか?
直接キーボードから入力したり、標準装備のテキストエディタで 入力したり、外部のファイルから読み込んだり、スクリプトで 読み込んだりできます。
→クイックリファレンス4−1(2).テキストの入力、 4−3.テキストの流し込み 参照。

Q−b10:イメージはどうやって入力するのですか?
外部のファイルから読み込んだり、スクリプトで 読み込んだりできます。
→クイックリファレンス5−1.イメージデータの 流し込み 参照。

Q−b11:書体はどうやって定義するのですか?
フレーム全体の場合は、フレームを選択し「書式」メニュー の「テキスト書式」で、フレーム内の任意のテキストの場合は、 文字列の一部を選択し「装飾」メニューの「書体」で書体を 指定します。
→クイックリファレンス4−4.LPテキストフレームの定義、 4−5.テキストフレームの定義(オーバレイ)、 4−10.LPテキスト書体定義 、 4−11.テキスト書体定義 参照。

Q−b12:文字サイズを変えたいのですが?
フレーム全体の場合は、フレームを選択し「書式」メニュー の「テキスト書式」で、フレーム内の任意のテキストの場合は、 文字列の一部を選択し「装飾」メニューの「書体」でサイズを 指定します。
→クイックリファレンス4−10.LPテキスト書体定義、 4−11.テキスト書体定義 参照。

Q−b13:罫線は引けるのですか?
文字列の一部を選択し、「装飾」メニューの「線引き」で 指定します。
→クイックリファレンス8−1.線引き 参照。

Q−b14:パス(矢印)はどうやって引くのですか?
道具箱のペンツールを選択し、始点となる位置で 左クリックします。
続けて終点とする位置で左クリックすると、始点から 終点まで直線が引かれます。
この時、シフトキーを押しながら左クリックすると、 水平または垂直方向へ直線を引くことができます。
→クイックリファレンス9−1.パスを描く 参照。

Q−b15:SLスクリプトはどうやって定義するのですか?
フレームを選択し、「オプション」メニューの 「スクリプト設定」で設定します。
SLスクリプトそのものは、メイン画面の「スクリプト定義」 で定義します。
→クイックリファレンス12−1.スクリプトの 張り付け方法  参照。

Q−b16:グラフはどうやって定義するのですか?
PLASメイン画面の「グラフ定義」で設定します。 グラフの各属性や可変部分を定義します。
この定義をフォームの図形フレームに設定し、 バッチ実行すると入力データ1件ごとにグラフ図形を 生成します。

Q−b17:フレームを移動したいのですが?
フレームを選択し、シフトキーを押しながらマウスの左ボタンを押し、 ドラッグすると移動できます。 「フレーム」メニューの「フレームコピー/変更」を選択し、 ダイアログにて指定する移動も可能です。
→クイックリファレンス3−5.フレームの移動 参照。

Q−b18:フレームの大きさを変更したいのですが?
フレームを選択し、シフトキーを押しながらマウスの 右ボタンを押し、ドラッグすると変更できます。 「フレーム」メニューの「フレーム変更」を選択し、 ダイアログにて指定する変更も可能です。
→クイックリファレンス3−6.フレームサイズの変更 参照。

Q−b19:フレームをコピーしたいのですが?
フレームを選択し、シフトキーを押しながらマウスの 中ボタンを押し、ドラッグするとコピーされます。 「フレーム」メニューの「フレームコピー/変更」を選択し、 ダイアログにて指定するコピーも可能です。
→クイックリファレンス3−7.フレームのコピー 参照。

Q−b20:フレームを削除したいのですが?
フレームを選択し、「フレーム」メニューの 「フレーム削除」を選択するか、コントロールキー+Zキーで 行います。 フレームを選択し、「編集」メニューの「カット」で 削除することも可能です。
→クイックリファレンス3−8.フレームの削除 参照。

Q−b21:フレームを0.5mm右にずらしたいのですが?
フレームを選択し、「フレーム」メニューの 「フレームコピー/移動」を選択し、 ダイアログにて移動量を"0.5mm"、移動方向を"水平"と指定し、 「設定」ボタンをクリックします。
→クイックリファレンス3−5.フレームの移動" ダイアログで 移動する方法" 参照。

Q−b22:フォームの保存方法は?
「ファイル」メニューの「保存」を選択します。
→クイックリファレンス2−4.フォームの保存 参照。

Q−b23:フォームをコピーして再利用する方法は?
「ファイル」メニューの「新規保存」を選択し、 新しいフォーム名を入力し「セーブ」ボタンを クリックします。
→クイックリファレンス2−3.フォームの 新規保存(コピー) 参照。




Q−c1:パラメータとは何ですか?
パラメータとは、入力データの1件分のデータ(レコード)の 各フィールドに名前をつけたものです。
フォーム定義の中でこの名前を使用すると、 値や文字列で差し替えられます。
→クイックリファレンス11−1.パラメータの置き換え 参照。

Q−c2:パラメータはどうやって定義するのですか?
PLASメイン画面の「パラメータ定義」で設定します。
→クイックリファレンス11.の4〜9 参照。




Q−d1:バッチ実行とは何ですか?
PLASでは、入力データを用意すれば、その属性を 定義したパラメータ定義と、データを流し込む為の フォームを指定して、印刷データを生成できます。
データベースアクセスやシステムの業務アプリが 動作しないので非常に高速に印刷データを生成できます。
→クイックリファレンス バッチとは  参照。

Q-d2:帳票(フォーム)のテストはどうやるのですか?
バッチ実行でプリンタの代わりに「プレビュー」を選択すると 画面に表示します。
データのセットや内容、位置が正しいかチェックできます。
必要ならフォームやパラメータを修正してさらにテストが可能です。
→クイックリファレンス プレビューとは  参照。




Q-e1:ホストのデータは使えますか?
固定長でもCSVデータでも使用できます。 またIBMやJEF、等のコードもサポートしています。
→クイックリファレンス   参照。

Q-e2:パソコンのデータは使えますか?
CSVデータが使えます。
Excel等でCSVデータで保存してください。
→クイックリファレンス   参照。




Q−f1:ジョブとはなんですか?
ジョブとは、印刷業務でなんども行うようなバッチ作業をあらかじめジョブ名を付けて保存する事ができます。
保存後は、ジョブ名でフォーム名やパラメータ名、データ名等を呼び出し実行することができます。
入力データは、その都度指定することもできます。
→クイックリファレンス ジョブとは  参照。




Q−g1:オーバレイとは何ですか?
オーバレイとは、生成される印刷データで共通の部分を 別に編集したものです。
印刷データが大幅に少なくなり、印刷スピードも向上します。
PLASでは、オーバレイの上にフォームを定義できますので、 オーバレイとの位置合わせも簡単にできます。
→クイックリファレンス14−1.オーバレイとは  参照。

Q−g2:オーバレイを編集したいのですが?
「オーバレイ編集」か「フォーム定義」で編集できます。
通常のフォームとほとんど同じ操作で編集できます。
→クイックリファレンス14−3.オーバレイの変更、 14−4.オーバレイの読込 参照。




Q−h1:スクリプトとは何ですか?
スクリプトとは、フレームやページに張り付けて、 標準機能ではできないような処理を可能とする言語です。
。たとえば、文字列の内容を判断して、個別に外部の イメージファイルから顔写真を読み込む等が可能です。
→クイックリファレンス 参照。



http://www.unitex-japan.com/
Copyright © 2006 UNIteX Japan Co.,Ltd All Right Reserved.
omo